忍者ブログ
うちにやって来たボストンテリア 弁慶(♂)と遮那(♂)のドタバタ記録。 2006/05/21
プロフィール
HN:
marcy
性別:
男性
職業:
弁慶&遮那父
趣味:
弁慶・遮那と遊ぶこと
自己紹介:

【弁慶(ベンケイ)】
2006.1.10生れ、ボストンテリア♂
自分が世の中で一番強いと
思っている井の中の蛙(犬)
自分が世の中で一番男前と
思っている勘違い男(犬)
座右の銘
『長い物にはグルグル巻かれろ!』
【2014年2月18日永眠】


【遮那(シャナ)】
2006.6.29生れ、ボストンテリア♂
自分が一番かわいいと思ってる勘違いナルシスト男(犬)
計算された甘え上手の爆裂暴走男(犬)
座右の銘
『世の中ちょろいもんだぜ!』


【父ちゃん】
昭和生まれの弁慶&遮那父
怒る・頭にくる・腹が立つetc
怒りの感情には無縁で、とても
優しくて穏やか。
弁慶にはめちゃくちゃ甘い!
母ちゃんには頭が上がらない・・・。


【母ちゃん】
昭和生まれの弁慶&遮那母
怒る・頭にくる・腹が立つetc
怒りの感情が優先。短気が短所。
弁慶にも厳しい!
勿論、父ちゃんにも厳しい!
しかし・・・自分には甘い!


コメント&リンク歓迎です。







カウント


カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カウンター
リンク
忍者サイトマスター
忍者アナライズ
最新記事
バーコード
アクセス解析
お天気情報
ブログ内検索
オッス!弁慶だす。



お宿を出発して2日目の観光の始まりだす。

お宿で頂いた観光マップを参考にしてここにやって来ただす。





『ここはなにがあるなりかな?

 って思ってたらここに案内板があるなりよ。』



なになに?

つつじ吊り橋?





案内板の通りに進んで行くと吊り橋が見えて来ただす。

あれが「つつじ吊り橋」ってやつだすかね?





『そうみたいなりよ。

 ほらほら、ここにも看板があるなりよ。』






・・・

 さっきからちょっと気になる事があるなりよ。。

 紹介の写真を撮るのはいいなりけど、

 オイラの扱いがいつもより雑じゃないなりか?

 もうちょっと構図を考えたりして写真を撮ってもいいんじゃないなりかねぇ。。。』






まぁ、チビの扱いについては後で考えるとして。

そんじゃさっそく吊り橋を渡ってみるだす。

この吊り橋はそんなに広い橋幅ではないだすから、

すれ違う人に気をつけながら渡るだすよ。





端から下を覗いてみるとなかなかな高さだすな。

それに渡る人が多いからなのか、風の強さからなのか、

この吊り橋は結構揺れるだすよ。





それに渡り始めてから十数メートル進むと、

橋の床の真ん中にグレーチングがはめられてて下が丸見えだすよ。。。

グレーチングはめてあるだけだすから、

谷から吹き上がった風がここから吹き抜けるだすよ。





オラは高い所平気だすから、

別にこんなのは怖くはないんだすよ。

でもそこは歩きずらいだすから父ちゃんに歩いてもらって、

オラは端を歩いて行くだすよ。。。












にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
にほんブログ村

拍手[0回]

PR
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
那須も良いですね~
一度は行ってみたいなーと思っている場所です♪
ペンション、食事をお弁当みたいにして運んでくれるなんて面白いですね。
レストランで食べるのも良いけど、部屋で誰にも気兼ねしないで
ゆっくり食べられるってのも魅力的ですよね♪

それにしても、たくさん観光されてアクティブですねー!
弁慶くんの爪は大丈夫でしたか?
じゃくまくさん / 2010/05/13(Thu) / URL
<じゃくまくさんへ>
いつも伊豆方面ばかりでしたので、今回の旅行は那須に行ってみました。
お宿は個室で食事も出来るのでここを選んだのですよ。
やはり回りに気兼ねをしないで泊まれるのは楽ですね。
うちはそんなにアクティブって訳ではなくて、いつも行き当たりばったりの旅行なんですよ。。
弁慶の爪は結局折れちゃいました。。
でも本人は痛がらなかったので、そのままにしてます。
marcyさん / 2010/05/16(Sun) / URL
Trackback URL
Copyright c オッス!おら弁慶!! All Rights Reserved
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]