忍者ブログ
うちにやって来たボストンテリア 弁慶(♂)と遮那(♂)のドタバタ記録。 2006/05/21
プロフィール
HN:
marcy
性別:
男性
職業:
弁慶&遮那父
趣味:
弁慶・遮那と遊ぶこと
自己紹介:

【弁慶(ベンケイ)】
2006.1.10生れ、ボストンテリア♂
自分が世の中で一番強いと
思っている井の中の蛙(犬)
自分が世の中で一番男前と
思っている勘違い男(犬)
座右の銘
『長い物にはグルグル巻かれろ!』
【2014年2月18日永眠】


【遮那(シャナ)】
2006.6.29生れ、ボストンテリア♂
自分が一番かわいいと思ってる勘違いナルシスト男(犬)
計算された甘え上手の爆裂暴走男(犬)
座右の銘
『世の中ちょろいもんだぜ!』


【父ちゃん】
昭和生まれの弁慶&遮那父
怒る・頭にくる・腹が立つetc
怒りの感情には無縁で、とても
優しくて穏やか。
弁慶にはめちゃくちゃ甘い!
母ちゃんには頭が上がらない・・・。


【母ちゃん】
昭和生まれの弁慶&遮那母
怒る・頭にくる・腹が立つetc
怒りの感情が優先。短気が短所。
弁慶にも厳しい!
勿論、父ちゃんにも厳しい!
しかし・・・自分には甘い!


コメント&リンク歓迎です。







カウント


カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カウンター
リンク
忍者サイトマスター
忍者アナライズ
バーコード
アクセス解析
お天気情報
ブログ内検索
オッス!弁慶だす。



到着日の夜はオプションツアーで「九份」を観光しただすが、

このツアーは夜市の観光も付いてるんだすよ。

って事で「九份」から「饒河街観光夜市」へ移動だす。





夜市ってのは夜店がたくさん出てる通りの事なんだすよ。

商店街の中に夜店が出てるって感じだすな。

夜市は大小いろいろとあるんだすけど、

ここの「饒河街観光夜市」は中規模の夜市だすよ。





それぞれの夜市には名物があるんだすが、

「饒河街観光夜市」の名物は「胡椒餅」だす。

「胡椒餅」を専門に売ってる屋台も何店もあるんだすけど、

やはり有名店ってのはどこにでも存在するもんだす。

こちらが「胡椒餅」の一番人気屋台だす。





父ちゃん達が行った時も盛況ですごい行列だっただすよ。

買うのに数十分は待つんじゃないかと。。。





父ちゃん達はそんなに待ってる時間はないし前にこの「胡椒餅」は食べてるので、

今回は別の屋台で売ってる「胡椒餅」を買うことにしただす。

人気店じゃないから美味しくない?

とんでもないだす!

どこの屋台で買っても美味いだすよ。





胡椒餅はナンを焼くように釜の内側に貼り付けて焼くんだす。

胡椒がきいたピリカラな豚肉とタップリのネギが餡で入っていて、

皮はパイ生地のようでサクサクだすよ。





このツアーはここの夜市で自由行動orホテルまで送迎を選べるだす。

父ちゃん達はこのあと行きたいお店があるのでここでツアーから離脱だす。

タクシーを拾って移動して着いたのは「京鼎楼」(ジンディンロウ)ってお店だす。





こちらは小龍包で有名なお店だすよ。

日本にも支店があるほどの有名店だすけど、

日本で食べるとちょっとお高いお店なんだすよねぇ。。。

でも台北ではリーズナブルなお店の一つだす。





さっそくお店の売りの小龍包を頼んでみただす。

左はノーマルの小龍包で右は蟹みそ入り小龍包だす。





小龍包は中に熱々なスープが入っているので、

レンゲに一包取って皮を破いて中の美味しいスープを頂いて、

あとは細切りの生姜と一緒に頂くってのが一般的な食べ方だそうだすよ。

まぁ、食べ方なんて自分流でいいので、

ヤケド覚悟で頬張るって食べ方でもOKだすよ。(笑)





あと頼んだのが「紅糟肉」だす。

酒糟の一種の「紅糟」に漬けた豚肉を焼いたチャーシューだすよ。

味は甘めのチャーシューだす。





このお店では取りあえずこの3品だけにしておいただす。

ってのはこのあともう一軒行く予定なんで。。。

それはまた明日ってことで。(笑)





ブログランキング参加中だす。

↓のバナーをぽちっと押してもらえると順位が上がるだす。

にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
にほんブログ村

拍手[4回]

PR
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback URL
Copyright c オッス!おら弁慶!! All Rights Reserved
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]