忍者ブログ
うちにやって来たボストンテリア 弁慶(♂)と遮那(♂)のドタバタ記録。 2006/05/21
プロフィール
HN:
marcy
性別:
男性
職業:
弁慶&遮那父
趣味:
弁慶・遮那と遊ぶこと
自己紹介:

【弁慶(ベンケイ)】
2006.1.10生れ、ボストンテリア♂
自分が世の中で一番強いと
思っている井の中の蛙(犬)
自分が世の中で一番男前と
思っている勘違い男(犬)
座右の銘
『長い物にはグルグル巻かれろ!』
【2014年2月18日永眠】


【遮那(シャナ)】
2006.6.29生れ、ボストンテリア♂
自分が一番かわいいと思ってる勘違いナルシスト男(犬)
計算された甘え上手の爆裂暴走男(犬)
座右の銘
『世の中ちょろいもんだぜ!』


【父ちゃん】
昭和生まれの弁慶&遮那父
怒る・頭にくる・腹が立つetc
怒りの感情には無縁で、とても
優しくて穏やか。
弁慶にはめちゃくちゃ甘い!
母ちゃんには頭が上がらない・・・。


【母ちゃん】
昭和生まれの弁慶&遮那母
怒る・頭にくる・腹が立つetc
怒りの感情が優先。短気が短所。
弁慶にも厳しい!
勿論、父ちゃんにも厳しい!
しかし・・・自分には甘い!


コメント&リンク歓迎です。







カウント


カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カウンター
リンク
忍者サイトマスター
忍者アナライズ
最新記事
バーコード
アクセス解析
お天気情報
ブログ内検索
ウッス!遮那なり。



ネットニュースを読んでたらこんな記事が目に留まったなり。

被災地で活躍してる災害救助犬の話なりが、

ちょっと寂しくなる記事なりよ。。。

↓は記事の抜粋なりが読んでみてくださいなり。


***************************************************************************

  本来、生存者を探して救助するのが救助犬の役目。
 しかし、今回の東日本大震災では残念ながら別のものになってしまった。
 民間の災害救助犬・レイラとともに、
 被災地の岩手・大船渡市に救助に行った災害救助犬の調教師・村田忍さん(39)はこう話す。

  レイラは生きている人を発見したら、大喜びでうれしそうに吠え、
 早く見つけて!とばかりにこちらへ駆け寄ってきたりします。
 亡くなっている場合は、私のほうを振り向いて哀しい目つきをするんです。
 調教師はそんな犬の表情やしぐさを読み取っていくんです。
 でもあのとき、レイラは次から次へと、ここにも、ここにも、
 と哀しい目をするんです。
 「レイラ! そんなにあるわけないでしょ。もうろくしちゃったの? 真面目にやりなさい!」
 って私は3回も叱りつけてしまったくらいなんです。

  私たちが1日歩いた場所だけでもレイラは150回も反応し、
 私はそこに旗を立てて進んでいきました。
 その旗の立っているところを、自衛隊員のかたがたが捜索していくのですが、
 実際、旗を立てたところすべてから遺体が発見されたそうです。

  一刻一秒でも急げば、
 生存者が発見できるかもしれないと私たちは早く早くと前へ突き進んでいきました。
 はっと振り返ると、自衛隊員ははるか後方にいました。
 それを見たときに我に返り、ゾッとする思いでした。
 遺体が多すぎて収容する作業がついてこられなかったのです。

***************************************************************************


1人でも多く救助しようと一生懸命にがれきの中を捜索してるのに、

見つかるのは遺体ばかりなんてツライなりよねぇ。。。





ブログランキング参加中だす。

↓のバナーをぽちっと押してもらえると順位が上がるだす。

にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
にほんブログ村

拍手[4回]

PR
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
沢山の方が亡くなられて、神も仏も無い
って言葉が頭の中にグルグルしてます。
探される方もレイラの気持ちも…どんなに
無念なのか。
先日の余震で整理のつきかけた恐怖が戻り
そうになっているアタシ、でも今は違う
気持ちが出来過ごせています。少しでも
早く亡くなった方がご家族のもとに帰れ
ますように。
ブーちゃんさん / 2011/04/09(Sat) /
<ブーちゃんさんへ>
被災地にはいまだに行方不明者の方々がいますので、その方々が見つかりご家族の元へ帰れる事を祈るだけですね。
marcyさん / 2011/04/10(Sun) / URL
Trackback URL
Copyright c オッス!おら弁慶!! All Rights Reserved
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]