忍者ブログ
うちにやって来たボストンテリア 弁慶(♂)と遮那(♂)のドタバタ記録。 2006/05/21
プロフィール
HN:
marcy
性別:
男性
職業:
弁慶&遮那父
趣味:
弁慶・遮那と遊ぶこと
自己紹介:

【弁慶(ベンケイ)】
2006.1.10生れ、ボストンテリア♂
自分が世の中で一番強いと
思っている井の中の蛙(犬)
自分が世の中で一番男前と
思っている勘違い男(犬)
座右の銘
『長い物にはグルグル巻かれろ!』
【2014年2月18日永眠】


【遮那(シャナ)】
2006.6.29生れ、ボストンテリア♂
自分が一番かわいいと思ってる勘違いナルシスト男(犬)
計算された甘え上手の爆裂暴走男(犬)
座右の銘
『世の中ちょろいもんだぜ!』


【父ちゃん】
昭和生まれの弁慶&遮那父
怒る・頭にくる・腹が立つetc
怒りの感情には無縁で、とても
優しくて穏やか。
弁慶にはめちゃくちゃ甘い!
母ちゃんには頭が上がらない・・・。


【母ちゃん】
昭和生まれの弁慶&遮那母
怒る・頭にくる・腹が立つetc
怒りの感情が優先。短気が短所。
弁慶にも厳しい!
勿論、父ちゃんにも厳しい!
しかし・・・自分には甘い!


コメント&リンク歓迎です。







カウント


カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カウンター
リンク
忍者サイトマスター
忍者アナライズ
最新記事
バーコード
アクセス解析
お天気情報
ブログ内検索
ウッス!遮那なり。




昨日から太魯閣渓谷の観光編なり。

渓谷の出発地点の門をくぐって山へ入っていくと、

渓谷沿いに道が続いてるなりよ。





山に沿った道は人力で断崖を掘って作ったそうで、

こんな過酷な場所なので工事中に212名もの方々が亡くなられたそうなりよ。

そこで亡くなられた方々の霊を弔うため1958年に長春祠が建てられたなり。

長春祠は見学できるんなりが、

今回は時間が限られてるので駆け足での観光なんで見学は断念なり。





道路を進んで行くと車は「燕子口」と書いてあるトンネルの手前で停車したなり。

撮影ポイントなのかな?って思ったらここから約1kmほどは歩いて渓谷を楽しむ事ができるなり。





しかし道路脇にある看板を見ると「落石注意」の文字が・・・

ここを歩くのはちょっと危険をともなうんなりか?





なのでここを歩くにはヘルメット着用を勧められるなりよ。

このヘルメットはガイドさんが観光センターから借りてきてくれた物なり。





ヘルメットを被ってトンネルを進んで行くと暗いし、

場所によっては天井が低いなりよ。

それに岩の角は鋭利なんで、

こんなところに頭をぶつけてしまったらパックリいきそうなりな。。。





ヘルメット着用は義務付けはされてないので被らなくても止められたりはしないなり。

まぁ、被らずに怪我しても自己責任ってことなりな。

面倒でも頭部保護のためにヘルメットは被っておいた方がいいなりよ。






そう言えばなんでここは「燕子口」って名前が付いてるのかというと、

春や夏に多くのツバメがここに渡って来て渓谷を飛び回るヒメアマツバメやイワツバメが多くいるから、

この名前が付いたと言われているなり。

岩肌には無数の穴が開いているんなりが、

これをツバメが作った巣だと思われてるなりがそうではないなり。

この穴は水流で流れた石が長年の歳月をかけて開けた穴だそうなりよ。





トンネルをさらに進んで行くと渓谷が急に狭まってるところがあるなり。

ここは太魯閣渓谷で一番狭い場所で「九曲洞」って所なりよ。




歩いての見学はここまでなり。

この先はまた車で山を登っていくなりよ。








ブログランキング参加中だす。

↓のバナーをぽちっと押してもらえると順位が上がるだす。

にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
にほんブログ村

拍手[3回]

PR
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Copyright c オッス!おら弁慶!! All Rights Reserved
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]